オール電化にリフォームするメリットとデメリットとは?

近年、オール電化の住宅が注目されていますが、リフォームする場合にはメリットとデメリットがありますよ。

メリットは、夜間など時間帯によっては電気代が安くなるため光熱費の節約ができますし、災害時に電気は比較的復旧が早いと言われています。

ガスや火を使わなくなる事によって安全性が高められたり、ガスによる事故の心配がないのです。

デメリットは昼間の時間帯は電気代が高くなる事と、停電時に電気が使えなくなると不便になる可能性があるという事です。

ガスを使う暖房器具やガスコンロは使用できないためIHクッキングヒーターなどに交換する必要があり、使える調理器具が限られる事が考えられるため、料理にこだわって調理したい方には不向きだと言えるでしょう。

途中でガスに戻したいと思っても、工事が面倒になるのでよく考えてリフォームしましょう。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です