水害によって自宅が床下浸水被害に遭ってしまったら、水に浸かってしまった物を処分したり洗ったり、後片付けが大変だと思うかもしれませんが、それだけでなく自宅のリフォームも必要だと言われていますよ。

放置しているとカビやシロアリが発生する原因になったり、家の強度にも影響すると言われているため、浸水後にはまず排水や乾燥、消毒を行って復旧させる必要があるのです。

住み続けたいと考えているのであれば、水害によって床材や断熱材が傷んでしまっている可能性が高いため、リフォームして交換しなければならないでしょう。

リフォームを検討している方は、床下浸水後のリフォームに対応していて床材などのリフォーム実績が豊富なリフォーム業者に相談してみると良いでしょう。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。