浴室リフォームの方法にも種類がある?

浴室のリフォームには幾つか方法がありますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょう。

ユニットバスは現在主流になっている工法であり、浴槽と壁と床がセットで生産されていて、現場で組み立てるため工期が短くなりやすいのです。

つなぎ目がないため断熱性能と防水性能に優れていますが、特注品の設置は難しいでしょう。

在来工法は築年数が経過している家の多くの浴室で採用されている工法であり、浴槽と壁と床などで別の部品を現場で組み合わせて作るのです。

つなぎ目ができて水漏れが発生する可能性があり、素材によっては保湿性や断熱性能が不十分になりやすいでしょう。

こだわってオーダーメイドな浴室を作り上げる事ができますが、費用が高くなる事が考えられますよ。

リフォームを行う前に、現在使用している浴槽のタイプがどれに当てはまるのか調べてみましょう。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。